サポート

サポート

健康管理

総合安全衛生管理機構学生保健部

(1)健康相談と診療
 学生保健部は,みなさんの健康に関する相談を受け,健康増進及び病気の早期 発見に努めるために設けられた施設です。土・日・祝日,健康診断日等を除いて, 医師・看護師による心身の健康相談,応急処置,病気の初期治療と医療機関の紹介を行っています。お気軽にご利用ください。
例えば
・急に体調が悪くなった
・ケガの応急手当・応急薬が欲しい
・近くの病院・医院を知りたい
・健康面で気になっていることを相談したい
詳細については、総合安全衛生管理機構ホームページでご確認ください。
URL: >http://hschome-gw.hsc.chiba-u.jp/

保険制度

授業中における事故について

 授業中(実験,実習,実技)における事故が少なからず起こっております。 学生が教員の説明・指示を聞いていなかったり,本人の不注意によるものや不可抗力的なものまでその要因は様々でありますが,事故が起こらないように、教員の説明・指示に従い,十分に気をつけて下さい。
なお,事故の備えとして以下のとおり「学生教育研究災害傷害保険」等の加入を在学生全員にお願いしております。

学生教育研究 災害傷害保険 (学研災)

保険概要
学生教育研究災害傷害保険は,学生が学生生活をしているなかで,実験・実習・体育実技や教室での授業中,学校行事参加中又は課外活動中に生じた不慮の事故若しくはこれらの教育活動への参加の目的をもって,合理的な経路及び方法により,住居と大学施設等との間を移動する間に生じた不慮の事故によって被った傷害に対して補償するためのものです。
本学では,教育研究等を円滑に実施するため在学生全員に加入をお願いして います。
補償金額

学研災付帯賠償責任保険(付帯賠責)

保険概要
学研災付帯賠償責任保険は,学生が正課中・学校行事中,課外活動(注1)中及び その往復中で,他人にケガをさせたり,他人の財物を損壊したことにより被る法律上の損害賠償を補償します。
本学では,賠償責任を負う事になった学生の負担を軽減するため在学生全員に加入(外国人留学生は「外国人留学生向け学研災付帯学生生活総合保険」(インバウンド付帯学総)への加入)をお願いしています。
Aコース:
学生教育研究賠償責任保険(略称「学研賠」) 医療関連学部以外の正課中,学校行事中,課外活動中(注1)及びその往復中の事故を補償します。(インターンシップ,介護体験活動, 教育実習,薬学教育実務実習等を含みます。)
Cコース:
医学生教育研究賠償責任保険(略称「医学賠」)
医療関連学部(医学・看護関係)の正課中,学校行事中,課外活動中(注1)及びその往復中の事故を補償します。(インターンシップ, 介護体験活動,医療関連実習(注2)等を含みます。)
Lコース:
法科大学院生教育賠償責任保険(略称「法科賠」)
Aコースに人格権侵害補償を加味した制度

(注1)学校の規則に則した所定の手続きにより,インターンシップ活動または ボランティア活動の実施を目的とした組織として承認を受けた学内学生団体が行うインターンシップ活動またはボランティア活動をいいます。ただし,大学が禁じた時間・場所で行われる活動および禁止行為は除きます。
(注2)Cコースは専門資格(医師免許・看護師免許)を取得している学生の臨床実習・看護実習等の医療関連実習については,以下の要件をすべて満たす場合に限り対象となります。
ア.大学が正課として位置付ける医療関連実習であること
イ.当該学生がその専門資格に関わる行為を業務(アルバイトその他恒常的に行うものを含む)として行っている間の事故でないこと
ウ.上記ア.イ.につき,保険金請求時に大学が証明を行うこと


なお,上記の要件を満たさない場合は,医師免許を取得している学生は医師賠償責任保険,看護師免許を取得している学生は看護師賠償責任保険などに個別に加入する必要があります。

補償金額(免責金額0円)

保険金請求手続

 事故があった場合は,直ちに学務部学生支援課(西千葉地区以外の2年生以上の学生は,所属する学部・大学院の担当窓口)に届け出てください。

注意事項

ア.薬学部に入学する者のうち,薬学科(6年制)へ所属することとなる学生については,5年次進級時に,2年分の保険料支払いについて連絡をします。
イ.所定の保険終期を超えて在籍する留年生の場合は,当該保険期間が終了する前(3月31日)までに,所属学部の担当窓口に申し込んでください。
ウ.退学した場合(除籍,死亡を含みます。),保険期間中に通算して1年以上休学した場合は,学務部学生支援課に届け出てください。
学部生(外国人留学生を除く)保険料(付帯賠責・通学特約含む)
学部生(外国人留学生)保険料(通学特約含む)
大学院生(外国人留学生を除く)保険料(付帯賠責・通学特約含む)
大学院生(外国人留学生)保険料(通学特約含む)

外国人留学生向け学研災付帯学生生活総合保険(インバウンド付帯学総)

保険概要
学生が正課外を問わず,賠償責任(示談交渉サービスを含む。),ケガ・病気(Bタイプ加入者のみ),救援者費用を補償するためのものです。
本学では,学生の負担を軽減するために外国人留学生全員に加入をお願いしています。
(AタイプかBタイプかいずれかを選んで加入。)
(学生教育研究災害傷害保険(学研災)の加入者が加入できる保険です。)
補償金額(免責金額0円)
保険金請求手続
事故があった場合は,(公財)日本国際教育支援協会HPより「事故報告書」ファイルをダウンロード(URL: http://www.jees.or.jp/gakkensai/inbound.htm)して事故の状況を入力し,入力後に「事故報告書」ファイルを添付し,事故報告専用アドレス(メールアドレス:insclaim.futaigakuso@tmnf.jp)へメール送信してください。その後,保険会社が事故受付し,必要書類の連絡や送付を行います。

注意事項

ア.薬学部に入学する方のうち,薬学科(6年制)へ所属することになる学生については,5年時進級時に,残り2年分の保険料納入について連絡します。
外国人留学生(学部生)保険料
外国人留学生(大学院生)保険料

学生相談

ひとりで悩んでいませんか?

悩みへの対処

 人が悩むのはあたりまえ。特に青春時代は悩みも多く,人は悩みながら成長 していくのかもしれません。
悩みは解決しないから悩みなのです。けれども,悩みをしのぎやすくすることはできるのです。深刻な悩みを抱えたら友達とよく話をし,スポーツやアルバイトなどで汗をかき,雑多な用事に取り組んで気を紛らすなどしてみましょう。
そして“何でも自分ひとりで解決する,解決しなければならない”などと思わ ないことも大切です。

 -悩みすぎて際限のない思考の堂々巡りとならないように-

本学では,学生のための相談窓口として次の場所があります。
①学生相談室
②総合安全衛生管理機構学生保健部(健康診断を受ける場所)
③所属学部のクラス顧問や学生相談員の先生方
④所属学部の学務担当窓口
どうぞお気軽に相談してください!

クラス顧問教員と学生相談員

 各クラスには,皆さんの学生生活をより豊かにするため, クラス顧問教員を配しています。修学上の問題はもとより個人的な生活上の問題など, 自力で解決し得ない場合は,何ごとによらずクラス顧問教員に相談してください。
また,クラス顧問教員の他に各学部に学生相談員も配しています。勉学・生活・対人関係・社会的問題等は,クラス顧問教員とともに,学生相談員にも相談することができます。修学上の問題はもとより個人的な生活上の問題や悩みなど気軽に相談してください。

学生相談室について

 学生の相談場所として,西千葉・亥鼻・松戸の各キャンパスに「学生相談室」があります。 ここでは,カウンセラーやグランドフェロー(※)が在室し, 学生の修学・進路・就職・生活・人間関係など,学生生活にかかわる問題について,なんでも相談を受け付けています。
・大学生活になじめない
・友人関係・人間関係で悩んでいる
・急な変化に戸惑いを感じやすい
・この学部・学科に向いてないのでは?等々…
困った時,悩んだ時は,遠慮なく「学生相談室」に来室してください。原則と して相談内容の秘密は守られます。

学生相談室 E-mail:gsoudan@office.chiba-u.jp
◆西千葉キャンパス
学生支援プラザ 043-290-2235
◆亥鼻キャンパス
看護・医薬系総合教育研究棟1階
◆松戸キャンパス
園芸学部F棟2階
亥鼻・松戸については、スタッフが在室しない時間帯があります。詳しくは、E-mailまたは西千葉キャンパスに電話でお問い合せください。ホームページでもご確認いただくことができます。
https://www.chiba-u.ac.jp/campus-life/support/counsel.html
(※)グランドフェロー:本学に長年勤務し退職された後,
学長の委嘱により学生相談を担当されている先生。


障害学生に対する支援

 本学では,障害や疾患を持つ学生が他の学生と同様に学ぶことができるよう,様々な支援をしています。支援を希望する場合は,所属学部・研究科等の学務係,または学生相談室に申し出てください。はじめに学務係や学生相談室等の担当者が詳しいお話を伺い,その後,学生と教職員との話し合いにより,具体的な支援方法を検討していきます。

ハラスメントについて

 ハラスメントに関する苦情の申し出や相談のために各キャンパスにおいて外部相談員(臨床心理士)による相談を受け付けています。
◆外部相談員による相談の予約は,以下で受け付けています。
各キャンパス共通
hrsm-soudan@office.chiba-u.jp
◆学内相談員の連絡先は,下記の学内向けホームページでご確認ください。
http://www.chiba-u.ac.jp/campus-life/harassment

学生支援活動

ふれあいの環・ピアサポート

 「ふれあいの環」とは,学生と学生,学生と教職員が相互にふれあい,イベントなどを通じて総合的人間力をゆっくりと身につけていく場所です。
また,下記の6つの学生団体による学生支援活動も企画・展開されており,皆さんの修学生活を多様に総合的に豊かな学生生活へとサポートしています。
★学生コミュニティ支援団体GCAP(ジーキャップ)
★学生ボランティア支援団体C-vol(シーボル)
★学生キャリア支援団体career port(キャリアポート)
★CISG(千葉大学国際学生会)
★ノートテイク会
★チャレンジドサポートみのり
場所 :総合学生支援センター1階
 
◆興味のある方はぜひ気軽にご連絡ください。学生スタッフが対応します。
E-Mail:fureainowa-gssc@office.chiba-u.jp
fureainowa@gmail.com(学生代表)
URL: http://www.chiba-u.ac.jp/volunteer-center/index.html

ボランティア活動支援

 「ふれあいの環」では,東日本大震災の直後から,学生や教職員が被災者・被災地の支援活動として,毎年,震災復興支援ボランティアツアーの企画・運営などを行っています。経験者との交流会や現地の情報提供,ボランティアの紹介など,学生スタッフから聞くことができます。
また,台風・豪雨災害の被災地などのボランティア活動も行っています。