ニュース・イベント情報
Topics

教育再生実行会議委員が千葉大学を視察

掲載日:2013/12/17

 12月11日、教育再生実行会議(鎌田薫座長)の有識者委員ら7名が、同会議が進める「学制」の議論についての理解を深めるため、国立大学で唯一「飛び入学」を導入している千葉大学を視察に訪れ、関係者との懇談や関連施設の見学などを行った。

 大学関係者との懇談では、齋藤康学長からの挨拶の後、千葉大学が10年以上前から先進的に取り組んでいる「飛び入学」や来年度から実施する「秋飛び入学」などについて制度の説明を行った。 引き続き行われた質疑応答では、大学入学後の学生サポートの重要性などについて高い関心が寄せられた。また、実際に飛び入学を経験した学生や卒業生らとの懇談が行われ、和やかな雰囲気の中、実体験をもとにした学生らの発言に、委員らは熱心に耳を傾けていた。

 続いて施設見学を行い、「考える学生の創造」をコンセプトに、アクティブ・ラーニングなどにより学生の能動的学習の促進を図る「アカデミック・リンク・センター」や、グローバル人材育成のためのアクティブ・ラーニングの実施施設である「イングリッシュ・ハウス」を視察するとともに、グローバル人材育成の現場としてグラスゴー美術大学とアアルト大学とのデザインワークショップの視察を行った。

大学関係者との懇談にのぞむ教育再実行会議の有識者委員

飛び入学の学生・卒業生との懇談

イングリッシュ・ハウスを視察する委員ら