ニュース・イベント情報
Topics

指定難病「重症筋無力症」の予後予測に有用なマーカーを発見~治療の最適化による副作用軽減・生活の質改善に期待~

掲載日:2021/05/11

 千葉大学大学院医学研究院脳神経内科学 桑原聡 教授、医学部附属病院脳神経内科 鵜沢顕之 助教、大学院医学薬学府 特別研究学生 小島雄太(京都府立医科大学大学院医学研究科脳神経内科学 博士課程4年生)らの研究グループは、京都府立医科大学大学院医学研究科脳神経内科学 水野敏樹 教授、能登祐一 学内講師との共同研究において、重症筋無力症の治療後の早期に抗アセチルコリン受容体抗体価減少率を調べることによって、治療後の経過(予後)を予測できることを明らかにしました。
 臨床現場で予後や治療反応性の予測が可能になれば、その患者さんに合ったステロイドの用量を調整しやすくなり、ステロイド以外の治療を選択しやすくなります。このような治療法の最適化により重症筋無力症の治療による副作用の軽減や生活の質の改善が期待できます。
 本研究成果は、科学雑誌Journal of Neurology, Neurosurgery & Psychiatryにオンライン掲載されました。

図1.pngアセチルコリンの作用と重症筋無力症の仕組み

プレスリリース本文はこちら