ニュース・イベント情報
Topics

国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟で世界初となる袋型培養槽技術による栽培実験を実施

掲載日:2021/10/22

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(理事長:山川 宏)、株式会社竹中工務店(取締役社長:佐々木 正人)、キリンホールディングス株式会社(代表取締役社長:磯崎 功典)、国立大学法人千葉大学(学長:中山 俊憲)、東京理科大学(学長事務取扱:岡村 総一郎)は、将来の月探査等での長期宇宙滞在時における食料生産に向けた技術実証を目的として、世界初となる宇宙での袋型培養槽技術の実証実験を、国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟内で実施しました。
 将来的には、この袋型培養槽技術を用いることで、一度に大量の葉菜類の栽培だけでなく、ウイルスフリーな苗の育成にもつながるなど、惑星探査時の長期の宇宙船内滞在時や滞在施設での大規模栽培への活用が期待されます。

無題.png密閉した袋内で栽培されたレタス
(左:収穫前の様子 右:地上に回収する前の様子)

プレスリリース本文はこちら