ニュース・イベント情報
Topics

第1回国立六大学事務職員研修会の開催について

掲載日:2013/11/11

 第1回国立六大学事務職員研修会を平成25年10月10日(木)及び11日(金)に千葉大学において実施しました。
 本研修会は,千葉大学,新潟大学,金沢大学,岡山大学,長崎大学及び熊本大学の国立六大学において,これまでの連携関係をより強固なものとするため,国立六大学連携コンソーシアムが組織されたことに伴い,その趣旨を踏まえ,その具体的な連携・協力の推進や,大学間の垣根を越えた職員同士のネットワークを築くことを目的として実施しました。
 今回は,学務関係,学術国際関係,研究推進・産学連携関係,管理運営関係(予算)及び附属病院関係業務に従事している若手職員(一般職員又は主任)を対象に各大学から5名の受講者を推薦いただき,計30名の参加がありました。
 第1日目は,文部科学省高等教育局国立大学法人支援課中田幸志総括係長より,「国立大学法人を取り巻く現状と課題」と題して基調講演,本学企画総務部星川総務課長より,「国立六大学連携コンソーシアムについて」と題して講義を行いました。
 その後,担当業務ごとに班に分かれ(本学副課長級の職員が助言者として加わり),各課題に対して班別討議(熟議形式による)を行いました。熟議に初めて参加する受講生が大半を占める中,千葉大学受講者がファシリテーターとなり進行していき,活発な意見交換が行われました。
 また,情報交換会では,研修受講生30名のほか,池田事務局長をはじめ千葉大学職員約30名が出席し,盛大に行われ,職員同士の交流が図られました。
 第2日目は,大学間の相互理解を深めるため,本学の先端的な研究等を行っている学内施設の見学を行い,無事に2日間の研修会を終了することが出来ました。

 なお,研修会終了時に集めたアンケート結果によると,研修全般については有益であったとの回答がほとんどを占めており,本研修会が継続的に行われることを期待する声が多く寄せられた。

 

          
         文部科学省高等教育局国立大学法人支援課 中田幸志総括係長による基調講演の様子

 

         

          千葉大学企画総務部 星川正樹総務課長による講義の様子

         

          班別討議(熟議形式)の様子

         

          情報交換会の様子

         

          施設見学の様子