千葉大学セミナーハウス山中寮使用規程

千葉大学セミナーハウス山中寮使用規程

制  定 平成16年4月1日
最近改正 平成25年4月1日
(設置)
第1条 千葉大学学生及び職員のための厚生補導・研修等施設として,千葉大学セミナーハウス山中寮(以下「山中寮」という。)を置く。
(使用者)
第2条 山中寮を使用できる者は,次に掲げる者とする。
一 本学の学生(附属学校の生徒等を含む。以下同じ。)及び職員
二 その他特に事務局長が認めた者
2 前項第1号の学生が使用する場合は,本学教員の了承を得なければならない。
(使用期間)
第3条 山中寮を使用できる期間は,4月20日から11月10日までとする。ただし,事務局長が認める場合は,この限りではない。
2 山中寮を連続して宿泊使用できる日数は,原則として4日間を限度とする。
(使用許可申請)
第4条 山中寮の使用希望者は,別記第1号様式の使用許可申請書を,学務部学生支援課に提出するものとする。
2 使用許可申請書は,使用予定日の1か月前から受け付ける。
(使用許可)
第5条 事務局長は,前条の申請を適当と認めたときは,必要な条件を付し,別記第2号様式の使用許可書を交付するものとする。
(使用許可の取消等)
第6条 次の各号の一に該当する場合は,使用の許可を取り消し,又は使用を中止させることがある。
一 本学において,緊急に使用する必要が生じたとき。
二 使用者が,この規程又は許可の条件に違反したとき。
三 使用許可申請書に虚偽の記載があったとき。
(使用料の納付等)
第7条 使用の許可を受けた者は,別に定める使用料を,使用前に納付しなければならない。
2 次の各号の一に該当するときは,既納の使用料の全部又は一部を還付する。
一 災害その他使用者の責によらない理由により使用できなくなったとき。
二 前条第1号の規定により使用の許可を取り消し,又は使用を中止させたとき。
三 使用者の急用等やむを得ない事情により,使用を取りやめ,又は宿泊日数若しくは宿泊人数を変更し,使用予定日の3日前(土日祝日を除く。)までに別記第3号様式の使用変更届出書を提出したとき。
(使用上の注意)
第8条 使用者は施設・設備及び備品等の使用に当たっては,この規程及び別に定める使用心得並びに使用許可の条件,管理人の指示に従い,常に適切な取扱いをしなければならない。
(損害賠償)
第9条 使用者が故意又は過失により,施設,設備及び備品等を破損又は滅失したときはその全部又は一部に相当する金額を弁償しなければならない。
(事務)
第10条 山中寮の維持及び管理に関する事務は,学務部学生支援課において処理する。
附  則
この規程は,平成16年4月1日から施行する。
附  則(平成17年10月1日)
この規程は,平成17年10月1日から施行する。
附  則平成19年4月1日)
この規程は,平成19年4月1日から施行する。
附  則(平成22年11月1日)
この規程は,平成22年11月1日から施行する。
附  則(平成25年4月1日)
この規程は,平成25年4月1日から施行する。