千葉大学西千葉地区合宿所使用細則

千葉大学西千葉地区合宿所使用細則

制  定 平成16年4月1日
最近改正 令和3年4月1日
(趣旨)
第1条 この細則は,千葉大学西千葉地区合宿所(以下「合宿所」という。)の使用に関し必要な事項を定めるものとする。
(目的)
第2条 合宿所は,本学が公認した課外活動団体の練習合宿及び研修を行なうために使用することを目的とする。
(使用者の範囲)
第3条 合宿所を使用することができる者は,本学に在籍する学生のうち,本学が公認した課外活動団体に所属するもの及び本学職員(特に認めたもの。)とする。
(使用期間等及び休館日)
第4条 合宿所の使用期間は,原則として1週間以内とし,1日限り使用の場合は,午前9時から午後9時までとする。
2 年末年始(12月28日から翌年1月4日までの間をいう。)における使用は,原則として認めない。
3 前2項の規定にかかわらず,学長が指名した理事(以下「理事」という。)が必要と認めた場合は,使用期間等又は休館日を変更することができる。
(使用手続)
第5条 合宿所を使用しようとするときは,1週間前までに別記様式による合宿所使用願に合宿計画書を添え,顧問教員の承認を経て学生支援課に提出し,理事の認可を得るものとする。
(遵守事項)
第6条 合宿所の使用については,次のことを厳守しなければならない。
一 規律ある生活を行なうこと。
二 建物・施設を破損しないこと。
三 備付物品を損失しないこと。
四 電熱器具等を含む一切の火気の使用は禁止する。
五 自炊は火災予防上禁止する。
六 合宿所内の飲酒は一切禁止する。
七 合宿所内はすべて土足を厳禁し,スリッパを必ず利用すること。
八 合宿所内は禁煙とする。
九 合宿所及びその周囲では,他人に迷惑を及ぼす行為は慎み,喧騒にわたる行為をしないこと。
十 使用期間中及び使用終了後は部屋の清掃・整理を行い,直ちに原状に復すこと。
(損害賠償)
第7条 建物・施設及び備品の損傷・亡失等の場合は事情により弁償させることがある。
(学生証の携帯)
第8条 合宿所に出入する者は「学生証」を携帯しなければならない。
(消灯時間)
第9条 合宿所の消灯は,午後11時とする。
(使用認可の取消し)
第10条 この細則に違反した場合は,使用認可を取り消し,又は使用を中止させることがある。
(鍵の管理)
第11条 合宿所の鍵は,学生支援課が管理する。
2 合宿所を使用する者は,その都度学生支援課で鍵を借り受け,使用後は直ちに返納しなければならない。
(雑則)
第12条 この細則に定めるもののほか,合宿所の使用に関し必要な事項は,理事が別に定める。
附則
この細則は,平成16年4月1日から施行する。
附則(平成19年4月1日)
この細則は,平成19年4月1日から施行する。
附則(平成25年4月1日)
この細則は,平成25年4月1日から施行する。
附則(平成26年4月1日)
この細則は,平成26年4月1日から施行する。
附則(令和3年4月1日)
この細則は,令和3年4月1日から施行する。