千葉大学大学会館規程

千葉大学大学会館規程

制  定 平成16年4月1日
最近改正 平成30年4月1日
(設置)
第1条 本学に,千葉大学大学会館(以下「会館」という。)を置く。
(目的)
第2条 会館は,学生及び職員の交流・親睦を深め,併せて福利厚生の増進に寄与するものとする。
(管理運営)
第3条 会館の管理運営は,学長が指名する理事が行う。
2 会館の管理運営に関する基本的事項については,国際未来教育基幹キャビネット学生支援センターにおいて審議する。
(使用者の範囲)
第4条 会館を使用することができる者は,本学の学生及び職員とする。
(損害賠償)
第5条 会館を使用する者が,故意又は過失により施設,設備,備品等を破損し,又は,滅失した場合は,その損害を弁償するものとする。
(会館使用細則)
第6条 会館の使用細則は,別に定める。
(会館事務)
第7条 会館に関する事務は,学務部学生支援課において処理する。
附則
この規程は,平成30年4月1日から施行する。



千葉大学大学会館使用細則

制  定 平成16年4月1日
最近改正 令和3年4月1日

(趣旨)
第1条 この細則は,千葉大学大学会館規程第6条の規定に基づき,千葉大学大学会館(以下「会館」という。)の使用に関し必要な事項を定めるものとする。
(使用時間及び休館日)
第2条 会館は,学生及び職員の交流・親睦を深め,併せて福利厚生の増進に寄与するものとする。
2 土曜日,日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日並びに12月28日から翌年1月4日までの間は休館とする。
3 前2項の規定にかかわらず,学長が指名した理事(以下「理事」という。)が必要と認めた場合は,使用時間又は休館日を変更することができる。
(使用手続)
第3条 会館の会議室,和室及び音楽鑑賞室の使用を希望する者は,使用する日の1週間前までに別記様式の使用願を所属する学部,研究科,学府及び研究科等連係課程実施基本組織の教員又は顧問教員の承認を受けて学生支援課に提出し,理事の認可を得なければならない。
(使用認可)
第4条 理事は,前条の願出を適当と認めるときは,使用を認可するものとする。
(遵守事項)
第5条 会館を使用する場合は,次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。ただし,理事が特に必要と認めた場合は,この限りではない。
一 所定の場所以外での火気使用を禁ずる。
二 喫煙及び飲酒を禁ずる。
三 使用後は室内の清掃・整理を行い,直ちに原状に復すこと。
(使用認可の取消し)
第6条 理事は,第4条の認可を受けた者が認可条件に違反したときは,使用の途中であっても,当該認可を取り消し,又は使用を中止させることがある。
2 前項の規定により認可を取り消し,又は使用を中止させる場合には,理事は第3条により承認した教員に連絡するものとする。
(鍵の管理)
第7条 大学会館の鍵は,学生支援課が管理する。
2 大学会館を使用する者は,その都度学生支援課で鍵を借り受け,使用後は直ちに返納しなければならない。
(雑則)
第8条 この細則に定めるもののほか,会館の使用に関し必要な事項は,理事が別に定める。
附則
この細則は,平成16年4月1日から施行する。
附則(平成19年4月1日)
この細則は,平成19年4月1日から施行する。
附則(平成26年4月1日)
この細則は,平成26年4月1日から施行する。
附則(令和2年4月1日)
この細則は,令和2年4月1日から施行する。
附則(令和3年4月1日)
この細則は,令和3年4月1日から施行する。