学部・大学院
Academics

薬学部

学部の概要

生命を科学し、薬を創製し、薬剤師を養成する

"くすり"の開発研究は、有機化学、薬理学、生化学、分析・物理化学などの生命科学の進歩による分子レベルや遺伝子レベルでの薬効発現機構の解明と化学合成、製剤技術、遺伝子工学などの進歩とが相まって驚くべき速さで進展しています。また、有効な医薬品の適正な服薬指導など医療の最前線での薬剤師の活躍が益々期待されています。

薬学部では、①「生命」現象の物質的基盤を科学的に明らかにすること ②それに基づいて副作用の少ない有効な「薬」を創製すること ③臨床に対応できる「薬剤師」になることを目的に"くすり" に関係するすべての事柄を学びます。

学 科 薬学科(6年制)、薬科学科(4年生)
所 在 亥鼻キャンパス 千葉市中央区亥鼻1-8-1
URL http://www.p.chiba-u.jp/

薬学科(6年制)

6年制の薬学科では、薬剤師免許を取得して病院や調剤薬局あるいは公衆衛生の領域で指導的な立場に立てる薬剤師及び臨床系の開発職や治験協力者として医療に貢献できる人材の養成を目的とします。4年間の大学院博士課程(先端医学薬学専攻)への進学者には、創薬研究や医薬品開発、大学や研究所での薬学教育・研究に従事する人材の養成を目的に、臨床薬学を基礎においた少人数の薬学教育を行います。

薬科学科(4年制)

4年制の薬科学科では、4年間の薬学基礎教育に加えて大学院修士課程2年間の少人数での薬学研究教育を経て、創薬研究や医薬品開発に能力を発揮できる人材の育成を目的とします。修士課程に続く3年間の大学院博士課程(先端創薬科学専攻)では、薬学研究教育をさらに積み重ねて、創薬研究や医薬品開発あるいは大学や研究機関での薬学教育・研究に必要な問題解決能力や広い視野に立った独創的な発想を身につけた人材の育成を行います。