ニュース・イベント情報
Topics

駐日パナマ共和国特命全権大使、パナマ科学技術事務局局長等が環境健康フィールド科学センターを訪問

掲載日:2018/10/05

 平成30年9月26日(水)、リッテル・ディアス 駐日パナマ共和国特命全権大使が、ホルヘ・モッタ パナマ科学技術事務局局長およびパナマ企業経営者協会 メルセデス・エレタ・デ・ブレーネス会長を伴って、千葉大学環境健康フィールド科学センターを来訪した。

 表敬に先立ち、植物工場やセンターの視察が行われた。

 表敬には、西田副学長、高垣副理事・環境健康フィールド科学センター長、古在元学長、塚越准教授および魯娜特任助教(いずれも同センター所属)が同席した。

 表敬では西田副学長、ディアス大使、モッタ科学技術事務局局長の挨拶のあと、活発なディスカッション行われ、その後センター教員による、パナマの教育研究機関との交流活動、サザコーヒーと連携したパナマコーヒーの企画販売のプロジェクト、についてのプレゼンテーションが行われた。本学とパナマの大学との関係では、2016年1月に、パナマ大学・パナマ工科大学とそれぞれ大学間交流協定を締結し、文部科学省 大学の世界展開力強化事業(平成27年度採択)「ポスト・アーバン・リビング・イノベーション・プログラム(PULI)を通して、毎年度、パナマと本学の教員と学生が交流しているが、今回の表敬でも、研究・教育両面での交流を一層進めていくことが確認された。