ニュース・イベント情報
Topics

入学式 来賓祝辞

掲載日:2017/04/06

Good afternoon Everyone.
It is a great privilege for me to be here today at the invitation of President Tokuhisa to offer you, and your families, my heartfelt congratulations on this auspicious occasion.
Today is a very special day.
Each and every one of you is about to embark on an exciting new journey of learning, personal growth and achievement at this great institution, Chiba University.
Today is also a special day, because it happens to be my birthday!
I won't tell you how old I am, but I can certainly tell you that one of the best birthday gifts that I could ever receive is the honour of sharing my thoughts with you today.
You are now standing at a critical crossroad in life. As you begin your studies at Chiba University, I am sure you must be thinking about how your world is about to change.
I encourage you also to consider your roles and responsibilities as the next generation of leaders and thinkers in Japan.
What will you leave behind on our planet, for your children, and for their children to come?
Chiba University will offer you a wonderful opportunity to learn. It will also offer you the opportunity to dream.
And in the spirit of "Always Aim Higher", I hope you will think beyond Chiba, beyond Japan, consider your future as a global citizen and "Dream Big"!
As you set your sights on those dreams, I urge you to consider the rapidly changing world around us.
The world we now find ourselves in, where nationalism, populism, terrorism, and turmoil are on the rise, and where technology is advancing at the speed of light. The world of SNS and the Twittersphere where the communication of facts and fiction alike is reduced to a few words only.
This is the world that will await you, where:
 • the Impossible becomes Possible
 • the Unthinkable becomes Thinkable
 • Fiction becomes Truth
What will you believe in? Where will you stand?
Even if you're not sure right now, as you navigate towards your future, follow the pathways that Chiba University will offer you.
There are no wrong or right directions, but look for the signposts.
Your university education is a unique chance to explore your interests and talents. Value it and treasure it, as it won't come around in your life a second time.
What you learn along the way is just as valuable as arriving at your destination. Life itself is a journey, and we are all still "in transit". The lessons, experiences and people waiting for you here at Chiba University will help you to grow into the person you want to be.
When a door opens for you, if it feels right, go through that door to find out what is on the other side. Personal growth can be frightening, it can be painful, but it is always rewarding.
Finally, remember that you all have the Power of Personal Choice. Make wise choices and strive to Be the Best You Can Be. Your university education will provide you with all the tools you need to realise your talents. It's up to you to make the most of them.
Your values and beliefs are at the core of who you really are. Remain true to yourselves, follow the pathway before you, and I am sure that you will all blossom at Chiba University into global citizens with the creativity and innovation needed to shape the future of Japan.

 ご出席の皆様、本日は私の祝辞の挨拶の後半を日本語で話させていただきます。引き続き宜しくお願いいたします。さて、この場を借りまして、自分自身がライフ・レッスンとして大切にして参りましたことを皆様と共有させていただきたいと存じます。
 第一に、「不可能」が「可能」となる世界についてです。
 皆様、千葉大学から卒業される頃には、近未来の世の中は大分変わっているはずです。なぜ現代は以前の時代と著しく異なるでしょうか?
 その原因は世の中が激変するスピードにあります。技術の発展は不可能だったものをどんどん可能にしてくれます。人間の仕事をAIでまかなうことは既に可能になりました。自動運転で車に乗ることもそろそろ可能になります。皆様が卒業される頃には宇宙でのバカンスも可能になっているかも知れません。世界の情勢も、急ピッチで変わっています。今までに安心できるはずだったアライアンス、国際機関、貿易協定などは様々な形で問われています。ヨーロッパでBREXITがあり、アメリカではトランプ政権の誕生もある中で世界のルールの作り直しをする時代になったと言っても過言ではありません。ある人はドナルド・トランプ氏がアメリカの大統領になるのは不可能だと言いました。不可能なことはどんどん可能となっていきます。 技術の発展、人々の移動、富の格差、情報の伝達の速さは現代のDISRUPTERとも言われています。私たち人間が安定と安心を好む生き物ですが、現状維持というのは実際にどこにも存在しません。世の中は常に変わる中で、新しい生き方、新しい環境、新しい自分にも絶えずチャレンジしていかなければなりません。皆様はこれから千葉大学で新たなチャレンジに向かって行く時に、大きな夢を抱えて、不可能なものをどんどん可能していくよう是非挑戦して下さい!
 次に選択の道ということについて触れさせていただきたいと存じます。
 大学に入学すると数多くの科目とコースの選択肢に恵まれます。又、一生支えて下さる人との出会いも待っています。どの大学生にとっては貴重な人生経験となります。勉強したい分野、最終的に目指したい職業か研究などについて既にはっきりと目標設定をされている方は本日ご出席の皆様の中にもきっと数多くいらっしゃると存じます。その反面、まだはっきりと自分が今後進むべき道が見えなくて、どこを目指せば良いかわからない方もいっらしゃるかと存じます。最終目的地も重要ですが、それぞれの道を歩いていくジャーニーも決して無駄ではなく、かけがえのない経験となります。あるパスウエーを歩き出すと新たな可能性も必ず見えてきます。学問のオプションに迷っていらっしゃる方にはなるべく幅広く様々の科目を取り、徐々に自分の身を磨くことをお進めいたします。私自身もメルボルンのモナッシュ大学に入学しました時、何になりたいかはさっぱり分かりませんでした。最終的に可能だっただけで法律学部に入りました。半年間経ったところで、自分が弁護士には向かないことに気がつき、Liberal Artsに入学し、自分の好きな外国語の勉強に取り組みました。最初はフランス語、スペイン語と日本語を同時に勉強しましたが、いつか日本で働きたいと思い、大学二年目から日本語を専攻にすることにしました。35年前のその時の選択のお蔭でここで本日皆様の前に立つことに至ったわけでございます。皆様、前に進む時は必ずしも直線ではなく、行き先が必ずしも見えるわけでもありません。但し、時々ドアが開きます。自分の中での「感」さえ合えば、是非そのドアを通り、向こう側で何が待っているか、追求してみて下さい!
 次にはグローバル市民について自分の経験から少しお話しを申し上げたいと存じます。本日入学される皆様は日本の次世代リーダーであり、グローバル市民でもあります。地元の地域社会であろう、国境を越えての国際社会であろう、どのような場で活躍されるに当たって、皆様がグローバル市民として必要とされるスキルと特徴はいくつかあります。
それらは:
 • クリア・シンキングと分析力
 • コミュニケーション能力
 • 好奇心
 • パッション
 • 多様性を受付ける適応能力
そして、
 • 精神力、判断力と自立心
でございます。時間の制約もあり、ここで特に重要な2点のみについて詳しく説明を申し上げます。
 クリア・シンキングは自分自身が大学で取得しました最も重要なスキルであると考えております。論文を書く際、研究を行う際もどちらもクリア・シンキングが必要になり、そのお蔭で のちほど社会人となっても明らかに意図が伝わる文書も書ける ようになり、コミュニケーション能力も身につきます。これは グローバル人材に求められるかけがえいのないスキルの一つです。
 又、スキルの他にも感性はとても大切です。グローバル市民である以上、自分の身の周りに起きていることと世の中には是非好奇心を持って下さい。社会に出て、働き出すと仕事に追われて、会社の人とばかり付き合い、情報があふれる中で自分の仕事以外のこと、そして自分にとってメリットのある人以外の人物に、興味を持たなくなる恐れがあります。自分も以前、このようになってしまった経験があります。視野が狭い人間は自分の可能性を最初から自分の視野でとどめています。世界の一流人材会社であるEgon Zhender社はグローバル人材の最も重要な特徴として好奇心を挙げています。千葉大学は皆様に自分の好奇心を大いに伸ばす環境を提供してくれます。その環境をグローバル市民の目線で是非とも生かして頂きたいと存じます。
 最後にこの場を借りまして、自分の個人的なモットー、「Be the Best You can Be」を皆様にご紹介をせていただきたいと存じます。本日皆様は新入生として、千葉大学にご自分の希望を託して入学されます。数年後、新たなスキルと知恵を持つ社会人として卒業されていきます。千葉大学で学習することはご自分の中でのコア・バリューの統合にも繋がります。このコア・バリュー、すなわち正義の価値観はそれこそグローバル・ステージで活躍するために欠かせない精神力、判断力と自立心の源となります。「Be the Best You can Be」を毎日のモットーにして、その実現のために本当に最善の力を尽くしていれば、反省することはいっぱいあるとしても、決して後悔することにはない、と私自信が心から信じております。
 それでは千葉大学経営協議会を代表いたしまして、ご出席の 皆様のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げて、私の祝辞の挨拶とさせて頂きます。本日のご入学、おめでとうございます!
Always Aim Higher! The future of Japan is in your hands.

平成29年4月5日
千葉大学経営協議会委員 正宗エリザベス