ニュース・イベント情報
Topics

入学式 宣誓

掲載日:2017/04/06

 桜の花が舞い、小鳥たちのさえずりが聞こえ、春の訪れが感じられるこの良き日に、私たち新入生のために、このような厳粛かつ盛大な入学式を挙行していただき、誠にありがとうございます。この歴史と伝統ある千葉大学に入学できることに喜びと誇りを感じると共に、これからの大学での生活に、大きな夢と希望を抱き、未来への一歩を踏み出すことに、身の引き締まる思いです。

 私たちは、さまざまな地域からさまざまな入試を経て、縁あってこの千葉大学にやってきました。きっと私たちにとって、これから共に学ぶ仲間たち、最高の指導をしてくださる先生方、そしてここで過ごす4年、ないし6年という大学生活、これらの全てが人生の宝となり、未来への糧となるでしょう。

 さて、昨年11月、世界的な指導者の交代がなされました。その影響により世界は混迷を極めており、この国も例外ではありません。そのような状況の中、本当の意味でのグローバル化とは何か、ということを問われています。私は、千葉大学の理念に基づき、各分野の研究に加え、広い教養を身につけることで、ものごとを多角的に理解し俯瞰的かつ分析的な視野を持ち、さらに国際的、倫理的、知的な素養を備え、この不安定な世界に貢献し、活躍できるような人間になりたいと考えています。

 そして、現代社会を生き抜く上では、学部に関係なく、全ての学生が、専門性の垣根を越えて、既存の価値観にとらわれることなく、自由に、そして主体的に物事に取り組む能力が求められています。

 これを達成し、さらに個人個人の目標と夢を実現するために、新入生一同、「つねに、より高きものをめざして」、日々の努力を怠ることなく精進し、輝かしい未来に向かって成長し続けることをここに誓います。

平成29年4月5日
新入生代表
文学部
池田 圭吾