ニュース・イベント情報
Topics

大学院入学式 宣誓

掲載日:2017/04/06

 温かな春の日射しがなによりうれしい季節となりました。
 本日は、このような盛大な入学式を挙行して頂き、誠にありがとうございます。新入生を代表しまして、徳久剛史学長を始め、教職員及び関係者の皆様方へ、心より御礼申し上げます。
 
 さて、私は教育に関するより深い学びを求め、他大学から千葉大学教育学研究科に進学することにいたしました。現在、教育界では学習指導要領の改訂、アクティブラーニングの重視など、変化の節目を迎えています。また、子どもたちの間の人間関係や貧困の問題、教員の仕事のあり方など、社会的に注目される事柄も多くなってきています。そのような中で、社会が教師に求めるものは非常に大きくなっています。
 教育学研究科には、現職教員として仕事をしながら、院生として夜間や土曜日を中心に学んでいらっしゃる方も多いと聞いております。その方々とのかかわりの中で、理論にとどまらず、実践を意識した学びをしてまいりたいと考えております。 つねに課題を見据え、謙虚に勉学に励むとともに、その学びを活かし社会に貢献することができる人物となるべく努力することをここに誓い、新入生代表の言葉といたします。

平成29年4月5日
新入生代表
教育学研究科
坪子 佳代