大学案内
About Chiba University

学章・マーク・カラー

学章

千葉大学学章

このマークは、昭和24年10月に学内公募により制定されました。

Chiba Daigakuの頭文字「C」と「D」を組み合わせるとともに、千葉大学の「千」を配して構成されたもので、輪郭は無限の生命力を象徴する植物の種子を形どったものです。

左側部分のえんじ色は情熱を、右側部分の白色は純粋を表現しており、故 赤穴宏 氏(元千葉大学名誉教授)のデザインによるものです。

長きに亘り、千葉大学のシンボルマークとして使用されてきましたが、コミュニケーションマークの誕生により、歴史や伝統を反映した由緒あるこのマークを、平成25年3月、千葉大学の学章として制定しました。

コミュニケーションマーク

このマークは、千葉大学が「世界最高水準の教育研究機能を有する総合大学」としてさらなる発展を遂げていくため、平成28年2月に制定しました。

マークの色は、大学カラーのガーネットを基調としてデザインしており、形は、本学のビジョン「Global、Research、Innovation、Branding、Synergy」の原動力となる、学生・教員・職員のコミュニケーションを表現しています。

構成員一人ひとりが、様々な場面でこのマークを使用することで、大学の一体感を強めるとともに、千葉大学ブランドを高めていきます。

大学カラー

大学カラー

ガーネット色
C : 0% / M : 100% / Y : 70% / K : 20%