教育
Education

学位授与の方針

大学院課程教育

千葉大学 大学院における学位授与の方針 修士課程(修士課程・博士前期課程)

修士課程・博士前期課程では、学士課程で築いた基礎の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 自立した高度専門職業人、知識基盤社会を支える高度で知的素養のある人材として、自己の学識とそれを活かした柔軟な思考や深い洞察に基づいて、主体的に行動できる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 国内外の多様な文化・価値観、社会、自然、環境について深い理解をもち、国内外の社会と連携し活動する際に基礎となる地球規模的な視点からの柔軟な思考能力とコミュニケーション能力を修得して、地球社会と地域社会の双方の持続的な発展のために役立てることができる。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 自己の専門領域の深い学識に加えて、学際的で幅広い視野に立った教養を持ち、それを活かして直面する課題の解決に向けた柔軟な思考と深い洞察を行い、イノベーション創出に貢献することができる。

「高い問題解決能力」


  • 高度な専門的知識・技術を要する課題を、関連する分野の知識・能力を統合・整理し、先導的に他者と協調・協働することにより、解決できる。

千葉大学 大学院における学位授与の方針 博士課程(博士後期課程・後期3年博士課程・4年博士課程)

博士課程(博士後期課程・後期3年博士課程・4年博士課程)では、学士課程・修士課程・博士前期課程までで築いた知的基盤の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 産業界や行政など多様な研究・教育機関の中核を担う研究者もしくは大学教員を目指す人材として、自ら研究課題を設定し、自立した研究活動を行うことができる。
  • それぞれの専門分野における研究倫理を身につけて、主体的に行動できる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 地球規模の視点を持ち国内外の社会と連携して、自ら課題を設定し自立的な研究開発を行うことができ、その成果を国際的・学際的に発信できる。また、教育研究者あるいは国内外の機関の指導的人材として活動するための基礎として、多様な文化・歴史に対する理解を有して、地球社会と地域社会の双方の持続的な発展のために役立てることができる。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 創造性に富む高度な研究・開発能力と豊かな学識を持ち、新たな知見や価値の創出に貢献でき、イノベーション創出の実践を目指すことができる。また、幅広い専門的知識や研究遂行能力を活かして、高度な研究開発プロジェクトの企画・管理等を行うことができる。

「高い問題解決能力」

  • 専門領域の情報・知識を他者と共有しながら指導的に協調・協働し、知識基盤社会を支える新たな知見や価値を創出することができる。

千葉大学 大学院における学位授与の方針 専門職学位課程(法科大学院の課程)

専門職学位課程(法科大学院の課程)では、学士課程で築いた基礎の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 「理論と実務の架橋」を重視し、法曹養成のための教育内容を高い学問的水準において修得している。
  • 法曹の専門領域における職業的倫理を身につけている。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 「理論と実務の架橋」を重視し、グローバルな視点や地域の視点から社会に役立つ高度で専門的な知識と実務能力を修得している。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 高度専門職業人である法曹として要求される、高い学問的水準の知識・能力を修得している。

「高い問題解決能力」

  • 法曹の専門領域で求められる推論能力や説得力により、高い倫理観のもとで協調性を持って職能を主体的に発揮することができる。

千葉大学 大学院における学位授与の方針 専門職学位課程(教職大学院の課程)

専門職学位課程(教職大学院の課程)では、学士課程で築いた基礎の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 学校教育に関する広い視野に立ち、多様な知の基盤を活用して、課題に対する柔軟な思考能力と深い洞察力に基づき、主体的に行動できる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 学校教育に関する専門的知識と教育実践との往還を通して得た実践的知識・技能を基盤として、学部新卒学生は新たな学校づくりの有力な一員となる実践力を、現職教員等の学生はスクール・マネジメント及び学校教育臨床の領域において、学校や地域のリーダーとして活躍できる高度な実践的指導力を習得し、教育および地域社会の発展のために積極的に役立てることができる。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 教師としての資質向上を目指す「共通科目」、専門性を高める「分野別科目」、「現代的教育課題科目」の履修を通して、個々の学生のもつ教育課題を多面的、総合的に分析し、その実態に即した指導実践を展開する能力を涵養する。
  • 同時に、教員集団、保護者、地域社会との連携、協力を円滑に進めるために、グループ討議や発表会等を通してコミュニケーションやプレゼンテーションの能力を高める学修機会を提供する。

「高い問題解決能力」

  • 学校のグローバル化や情報通信技術の進展、子どもの貧困、特別なニーズを持つ児童生徒への対応などの時代の変化や複雑化に伴う教育課題に対応できる最新の知見と技能を備え、現代的教育課題に積極的に取り組むことができる。

千葉大学人文公共学府 学位授与の方針(博士前期課程)

博士前期課程では、学士課程で築いた基礎の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 人文科学及び公共学・社会科学の専門的な内容を学ぶことを通じて、自由と自立の精神とその基礎となる市民的公共性の重要性を理解し、自らの研究活動においても、自由と自立の精神に則った公共的な行動をとることができる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 人文科学及び公共学・社会科学の専門知識に基づき、グローバル時代における文化、価値観さらには社会の多様性、自然、環境の重要性を理解し、国内外の社会と連携し活動する際に基礎となる地球規模的な視点からの柔軟な思考能力とコミュニケーション能力を修得している。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 人文科学及び社会科学の専門領域の深い学識に加えて、学際的で幅広い視野に立った公共学的な素養を涵養し、それを活かして直面する現実社会における諸課題の解決に向けた柔軟な思考と深い洞察を行い、イノベーション創出に貢献することができる。

「高い問題解決能力」

  • 人文科学及び公共学・社会科学に関する高度な専門的知識・技術を要する課題を、関連する分野の知識・能力を統合・整理し、先導的に他者と協調・協働することにより、解決できる。

千葉大学人文公共学府 学位授与の方針(博士後期課程)

博士後期課程では、博士前期課程までで築いた知的基盤の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 人文科学及び公共学・社会科学の分野において、行政や国際機関を含む社会の多様な研究・教育機関の中核を担う研究者もしくは大学教員を目指す人材として、自ら研究課題を設定し、自立した研究活動を行える。
  • 人文科学及び公共学・社会科学の分野における研究倫理を身につけている。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 人文科学及び公共学・社会科学の分野において地球規模の視点を持ち、国内外の専門機関や研究者と協働し、自ら課題を設定し自立的な研究開発を行うことができ、その成果を国際的・学際的に発信できる。また、公共性を身につけた研究教育者あるいは国内外の機関を指導する人材として活動するための基礎として、多様な文化・歴史に対する理解がある。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 人文科学及び公共学・社会科学の分野において、創造性に富む高度な研究・開発能力と豊かな学識を持ち、新たな知見や価値の創出に貢献でき、イノベーション創出の実践を目指すことができる。また、幅広く専門的および公共的知識に基づく研究遂行能力を活かして、高度な研究開発プロジェクトの企画・管理を行うことができる。

「高い問題解決能力」

  • 人文科学及び公共学・社会科学の分野において、多様な専門領域の情報・知識を他者と共有し、公共的知見を具備した指導者として協調・協働し、知識基盤社会を支える新たな知見や価値を創出できる。

人文社会科学研究科 学位授与の方針(博士前期課程)

博士前期課程では、学士課程で築いた基礎の上に,以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 人文科学及び社会科学の専門的な内容を学ぶことを通じて、社会における自由と自立の精神の重要性を理解し、自らの研究と社会的な活動においても、自由と自立の精神を基盤とした主体的な行動をとることができる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 人文科学及び社会科学の専門知識に基づき、国内外の多様な文化・価値観、社会、自然、環境について理解し、国内外の社会と連携し活動する際に基礎となる地球規模的な視点からの柔軟な思考能力とコミュニケーション能力を修得している。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 人文科学及び社会科学の専門領域の深い学識に加えて、学際的で幅広い視野に立った学識を持ち、それを活かして直面する社会問題の課題の解決に向けた柔軟な思考と深い洞察を行い、イノベーション創出に貢献することができる。

「高い問題解決能力」

  • 人文科学及び社会科学に関する高度な専門的知識・技術を要する課題を、関連する分野の知識・能力を統合・整理し、先導的に他者と協調・協働することにより、解決できる。

人文社会科学研究科 学位授与の方針(博士後期課程)

博士後期課程では,博士前期課程までで築いた知的基盤の上に,以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 人文科学及び社会科学の分野において、行政を始め社会の多様な研究・教育機関の中核を担う研究者もしくは大学教員を目指す人材として、自ら研究課題を設定し、自立した研究活動を行える。
  • 人文科学及び社会科学の分野における研究倫理を身につけている。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 人文科学及び社会科学の分野において、地球規模の視点を持ち国内外の社会と連携して、自ら課題を設定し自立的な研究開発を行うことができ、その成果を国際的・学際的に発信できる。また、研究教育者あるいは国内外の機関の指導的人材として活動するための基礎として、多様な文化・歴史に対する理解がある。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 人文科学及び社会科学の分野において、創造性に富む高度な研究・開発能力と豊かな学識を持ち、新たな知見や価値の創出に貢献でき、イノベーション創出の実践を目指すことができる。また、幅広い専門的知識や研究遂行能力を活かして、高度な研究開発プロジェクトの企画・管理を行うことができる。

「高い問題解決能力」

  • 人文科学及び社会科学の分野において、専門領域の情報・知識を他者と共有しながら指導的に協調・協働し、知識基盤社会を支える新たな知見や価値を創出できる。

専門法務研究科 学位授与の方針

専門職学位課程(法科大学院の課程)では,学士課程で築いた基礎の上に,以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 「理論と実務の架橋」を重視し、法曹養成のための教育内容を高い学問的水準において修得している。
  • 法曹の専門領域における職業的倫理を身につけている。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 「理論と実務の架橋」を重視し、グローバルな視点や地域の視点から社会に役立つ高度で専門的な知識と実務能力を修得している。

「専門的な知識・技術・技能」


  • 高度専門職業人である法曹として要求される、高い学問的水準の知識・能力を修得している。

「高い問題解決能力」

  • 法曹の専門領域で求められる推論能力や説得力により、高い倫理観のもとで協調性を持って職能を主体的に発揮することができる。

教育学研究科 学位授与の方針(修士課程)

修士課程では、学士課程で築いた基礎の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 教育学に関する広い視野に立ち、多様な知の基盤を活用して、課題に対する柔軟な思考能力と深い洞察に基づき、主体的に行動できる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 国内外の多様な文化・価値観、社会、自然、環境について深い理解を持ち自己の専門領域の社会的、文化的位置づけを理解し、教育学にかかわる自立した高度職業人もしくは研究者としての専門知識と基盤技術を修得した上で、教育学にかかわるものとして社会的責任を自覚し、地球規模的な視点から、研究課題に対する柔軟な思考能力とコミュニケーション能力を教育および地域社会の発展のために積極的に役立てることができる。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 教育学に関する高度な専門性・研究能力を論文作成やコースワークにより身につけ、自己の専門領域を中心として、社会、自然、環境、および国内外の多様な文化・価値観に立った教養を持ち、教育が直面している研究課題を解決するために、柔軟な思考能力と深い洞察力に基づく主体的な行動力を兼ね備えるための知識・技術・技能に関する高度な素養を身につけ、学問分野の様々な革新に貢献できる。

「高い問題解決能力」

  • 教育学に関する高度な専門的知識や技術を要する課題を他者と共有・協力したり、チームワークやリーダーシップを発揮して、主体的に解決することができる。

教育学研究科 学位授与の方針(専門職学位課程)

専門職学位課程(教職大学院の課程)では、学士課程で築いた基礎の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 学校教育に関する広い視野に立ち、多様な知の基盤を活用して、課題に対する柔軟な思考能力と深い洞察力に基づき、主体的に行動できる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 学校教育に関する専門的知識と教育実践との往還を通して得た実践的知識・技能を基盤として、学部新卒学生は新たな学校づくりの有力な一員となる実践力を、現職教員等の学生はスクール・マネジメント及び学校教育臨床の領域において、学校や地域のリーダーとして活躍できる高度な実践的指導力を習得し、教育および地域社会の発展のために積極的に役立てることができる。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 教師としての資質向上を目指す「共通科目」、専門性を高める「分野別科目」、「現代的教育課題科目」の履修を通して、個々の学生のもつ教育課題を多面的、総合的に分析し、その実態に即した指導実践を展開する能力を涵養する。
  • 同時に、教員集団、保護者、地域社会との連携、協力を円滑に進めるために、グループ討議や発表会等を通してコミュニケーションやプレゼンテーションの能力を高める学修機会を提供する。

「高い問題解決能力」

  • 学校のグローバル化や情報通信技術の進展、子どもの貧困、特別なニーズを持つ児童生徒への対応などの時代の変化や複雑化に伴う教育課題に対応できる最新の知見と技能を備え、現代的教育課題に積極的に取り組むことができる。

融合理工学府 学位授与の方針(博士前期課程)

博士前期課程では、学士課程で築いた基礎の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 自立した理工系高度専門職業人、知識基盤社会を支える高度で知的素養のある人材として、自己の学識とそれを活かした柔軟な思考や深い洞察に基づいて、主体的に行動できる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 多様な文化・価値観、社会、自然、環境について深く理解し、地球規模的な視点からの柔軟な思考能力とコミュニケーション能力を有し、社会の持続的な発展のために役立てることができる。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 自己の専門領域の深い学識に加えて、理工系を俯瞰することのできる視野と学際的で幅広い教養を持ち、それらを活かして社会が直面する課題の解決に向けた柔軟な思考と深い洞察を行い、イノベーション創出にも貢献することができる。

「高い問題解決能力」

  • 高度な専門的知識・技術を要する課題を、先導的に他者と協調・協働することにより解決できる。また、関連する分野の知識・能力を統合・整理し、課題解決に役立てることができる。

融合理工学府 学位授与の方針(博士後期課程)

博士後期課程では、博士前期課程までで築いた知的基盤の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 産業界や行政など多様な研究・教育機関の中核を担う研究者もしくは大学教員を目指す人材として、理工系分野において、自ら研究課題を設定し、自立した研究活動を行うことができる。また、専門分野における研究倫理を身につけて、主体的に行動できる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 地球規模の視点を持ち、社会と連携して、自ら課題を設定し、自立的な研究開発を行い、その成果を国際的・学際的に発信できる。また、多様な文化・歴史に対する理解を有し、産業界、教育・研究機関等において、指導的人材として、社会の持続的な発展のために活動することができる。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 創造性に富む高度な研究・開発能力と豊かな学識を持ち、新たな知見や価値の創出に貢献でき、イノベーションの創出を目指すことができる。また、幅広い専門的知識や研究遂行能力を活かして、高度な研究開発プロジェクトの企画・管理等を行うことができる。

「高い問題解決能力」

  • 専門領域の情報・知識を他者と共有しながら指導的に協調・協働し、知識基盤社会を支える新たな知見や価値を創出することができる。

理学研究科 学位授与の方針(博士前期課程)

博士前期課程では、学士課程で築いた基礎の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 理学の知識や思考法を活用して、課題に対する柔軟な思考能力と深い洞察に基づき、主体的に行動できる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 理学の役割と責任を認識し、国内外の多様な文化、自然、環境について理解し、国内外の社会に地球規模的な視点から貢献できるように、理学の課題に対する柔軟な思考能力とコミュニケーション能力を修得している。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 理学領域の深い学識に加えて、学際的で幅広い視野に立った学識を持ち、それを活かして直面する課題の解決に向けた柔軟な思考と深い洞察を行い、イノベーション創出に貢献することができる。

「高い問題解決能力」

  • 理学に関する高度な専門的知識・技術を要する課題を、関連分野の知識・能力を統合・整理し、先導的に他者と協調・協働することにより解決できる。

理学研究科 学位授与の方針(博士後期課程)

博士後期課程では、博士前期課程までで築いた知的基盤の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 理学に関係する多様な研究・教育機関の中核を担う研究者もしくは大学教員を目指す人材として、理学に関する深い専門性と高度な問題解決能力を有し、自ら研究課題を設定し、自立した研究活動を行える。
  • 理学の専門領域における研究倫理を身につけている。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 地球規模の視点を持ち国内外の社会と連携して、理学に関する深く豊かな知的基盤に基づき自ら課題を設定し自立的な研究開発を行うことができ、その成果を国際的・学際的に発信できる。また、理学に関する教育研究者あるいは国内外の機関の指導的人材として活動するための基礎として、多様な文化・歴史に対する理解がある。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 創造性に富む高度な研究・開発能力と理学に関する豊かな学識を持ち、新たな知見や価値の創出に貢献でき、イノベーション創出の実践を目指すことができる。また、理学に関する幅広い専門的知識や研究遂行能力を活かして、高度な研究開発プロジェクトの企画・推進を行うことができる。

「高い問題解決能力」

  • 理学領域の情報・知識を他者と共有しながら指導的に協調・協働し、理学に関する高度な研究・分析能力や専門的知識を用いて、知識基盤社会を支える新たな知見や価値を創出することができる。

工学研究科 学位授与の方針(博士前期課程)

博士前期課程では、学士課程で築いた基礎の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 自立した工学系高度専門職業人、知識基盤社会を支える高度で知的素養のある人材として、自然科学を体系的に理解し、修得した学識と柔軟な思考能力を駆使して、高い倫理観をもって主体的に行動できる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 国内外の多様な文化・価値観、 社会、自然、 環境を理解し、 専門職業人として社会と連携して活動する際に基礎となる地球規模的視点からの柔軟な思考能力とコミュニケーション能力を修得している。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 自己の専門領域に限らず、 幅広く高度な専門知識を総合的に体系化して修得しているとともに、 柔軟な論理的思考能力と洞察力に基づいて課題解決に向けて主体的に行動できる能力を修得し、イノベーション創出に貢献することができる。

「高い問題解決能力」

  • 高度な工学的専門知識および最新技術を要する課題を、 関連する分野の知識を統合・整理することにより、 先導的に他者と協調・協働して解決できる。

工学研究科 学位授与の方針(博士後期課程)

博士後期課程では、博士前期課程までで築いた知的基盤の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 産業界や行政など多様な研究・教育機関の中核を担う研究者もしくは大学教員を目指す人材として、 工学分野において自ら研究課題を設定し、 自立した研究活動を行うことができる。また、専門分野における工学倫理を身に付けている。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 地球規模の視点を持ち、国内外の社会と連携して自ら課題を設定して自立的に研究開発を行い、 その成果を学際的・国際的に発信できる素養を修得している。また、 文化・歴史に対する理解をもち、 国内外の教育・研究機関において先導的指導者として活動できる能力を修得している。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 専門分野における高い学識の蓄積を基盤に、 創造性に富む研究開発能力を身につけ、 新たな知識の創出に貢献することができるとともに、 幅広い専門的知識を活かして先導的な研究の展開と研究開発プロジェクトの企画・運営管理を行い、イノベーション創出を実践することができる。

「高い問題解決能力」

  • 専門領域の情報・知識を他者と共有しながら指導的に協調・協働し、 知識基盤社会を支える高度で独創的な知的創造活動を実践することができる。

園芸学研究科 学位授与の方針(博士前期課程)

博士前期課程では、学士課程で築いた基礎の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 「理論と実践」を旨とする園芸学研究科の伝統を踏まえ、「食と緑」に関わる課題に対して、柔軟な思考能力と深い洞察に基づき、主体的に行動できる。および研究倫理を身につけている。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 国内外の多様な文化・価値観、社会、自然、環境について深い理解をもち、国内外の社会と連携して活動する際に基礎となるグローバルな視点からの柔軟な思考能力とコミュニケーション能力を修得して、地球社会と地域社会の双方の持続的な発展のために役立てることができる。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 「食と緑」に関わる専門分野の深い学識に加えて、学際的で幅広い視野に立った教養を持ち、それを活かして直面する課題の解決に向けた柔軟な思考と深い洞察が行える。それによってイノベーション創出をめざし、先端をリードする志向を有す。

「高い問題解決能力」

  • 高度な専門的知識・技術を要する「食と緑」に関わる課題を、関連する分野の知識・能力を統合・整理し、他者とも適切に連携を図りながら解決できる。

園芸学研究科 学位授与の方針(博士後期課程)

博士後期課程では、博士前期課程までで築いた知的基盤の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 「理論と実践」を旨とする園芸学研究科の伝統を踏まえ、「食と緑」に関わる研究者や大学教員あるいは研究・行政等の組織統括者として、自ら研究課題を設定し、自立した研究活動を行える。および社会に対する科学者としての責任の自覚と研究倫理を身につけて、主体的に行動できる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • グローバルな視点を持ち、国内外の社会と連携して自ら課題を設定し、自立的な研究開発を行うことができ、その成果を国際的・学際的に発信できる。また、教育研究者あるいは国内外の機関の指導的人材として活動するための基礎として、多様な文化・歴史に対する理解を有して、地球社会と地域社会の双方の持続的な発展のために役立てることができる。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 「食と緑」に関わる創造性に富む高度な研究・開発能力と豊かな学識を持ち、新たな知見や価値の創出に貢献できる。また、幅広い専門的知識や研究遂行能力を活かして、高度な研究開発プロジェクトの企画・管理等を行うことができる。それによってイノベーション創出をめざし、先端をリードする志向、経営的視点も身につける。

「高い問題解決能力」

  • 「食と緑」に関わる課題を見出し、専門分野・関連分野の情報・知識を活用しながら、他者と協調・協働し、知識基盤社会を支える新たな知見や価値を創出することができる。

融合科学研究科 学位授与の方針(博士前期課程)

博士前期課程では、学士課程で築いた基礎の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 自立した自然科学系研究者、高度専門職業人として、幅広く深い学識を修得している。学識を統合した知の基盤を活用して、課題に対する柔軟な思考能力と深い洞察に基づき、主体的に行動できる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 研究者、専門職業人として地球規模の視点から国内外の社会と連携し活動できるように、学際的な課題に対する柔軟な思考能力とコミュニケーション能力を修得している。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 学問領域に関する高度な専門性・研究能力を身につけ、専攻分野はもとより、学際的で幅広い視野に立った学識を修得している。課題に対する柔軟な思考能力と深い洞察に基づく主体的な行動力を兼ね備えるための高度な素養を身につけており、イノベーション創出に貢献することができる。

「高い問題解決能力」

  • 高度な専門的知識・技術を要する課題を他者と共有・協力して解決することができる。また、関連する分野の知識・能力を問題解決に生かすことができる。

融合科学研究科 学位授与の方針(博士後期課程)

博士後期課程では、博士前期課程までで築いた知的基盤の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 産業界や行政など多様な研究・教育機関の中核を担う研究者もしくは大学教員を目指す学生が、自ら研究課題を設定し、自立した研究活動を行える。
  • それぞれの専門分野における研究倫理を身につけている。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 研究者、専門職業人として地球規模の視点を持ち、深く豊かな知的基盤に基づき、国内外の社会と連携して、自ら課題を設定し自立的な研究開発を行う能力を修得している。教育研究者あるいは国内外の機関の指導的人材として活動できるように、多様な文化・歴史に対する理解を持ち、グローバルな視点から科学技術を支える知的素養を修得している。研究成果を学際的・国際的に発信できる。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 創造性に富む高度な研究・開発能力と豊かな学識を身につけ、新たな知見や価値の創出に貢献でき、イノベーション創出の実践を目指すことができる。幅広い専門的知識と研究手法や研究遂行能力を展開して、高度な研究開発プロジェクトの企画・管理等を行うことができる。

「高い問題解決能力」

  • 専門領域の情報・知識を他者と共有することができ、問題点を自ら抽出・整理することにより研究課題を設定し、創造性豊かな優れた研究・開発を自立して行うことができる。高度な研究・分析能力や専門的知識を用いて、多様な知識基盤社会を支える新たな知見や価値を創出することができる。

医学薬学府 学位授与の方針(修士課程)

修士課程では、学士課程で築いた基礎の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 医学・薬学並びに関連する専攻分野において、学識を統合した知の基盤を活用して、課題に対する柔軟な思考能力と深い洞察に基づき、主体的に行動できる。それぞれの専門分野における研究倫理を身につけている。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 医学・薬学並びに関連する専攻分野において、国内外の多様な文化・価値観、社会、自然、環境について深い理解をもち、活動の基礎となる地球規模の柔軟な思考能力と発信・交流能力を修得、地球社会と地域社会の双方の持続的な発展のために役立てることができる。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 医学・薬学並びに関連する専攻分野の深い学識に加えて、学際的で幅広い視野に立った教養を持ち、それを活かして直面する課題の解決に向けた柔軟な思考と深い洞察を行いイノベーション創出に貢献することができる。

「高い問題解決能力」

  • 医学・薬学並びに関連する専攻分野において高度な専門的知識・技術を要する課題を、知識・能力を統合・整理することにより、先導的に他者と協調・協働することにより、解決できる。

医学薬学府 学位授与の方針(後期3年博士課程・4年博士課程)

後期3年博士課程・4年博士課程では、学士課程・修士課程までで築いた知的基盤の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 医学・薬学並びに関連する専攻分野において、多様な研究・教育機関の中核を担う研究者もしくは大学教員を目指す人材として、積極的に自立した研究活動を行うことができる。それぞれの専門分野における研究倫理を身につけて、主体的に行動できる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 医学・薬学並びに関連する専攻分野において、地球規模の視点を持ち国内外の社会と連携して、自ら課題を設定し、積極的・自立的な研究開発を行うことができ、その成果を国際的・学際的に発信できる。また、教育研究者あるいは国内外の機関の指導的人材として活動するための基礎として、多様な文化・歴史に対する理解を有して、地球社会と地域社会の双方の持続的な発展のために役立てることができる。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 医学・薬学並びに関連する専攻分野において、創造性に富む高度な研究・開発能力と豊かな学識を持ち、新たな知見や価値の創出に貢献でき、イノベーション創出の実践を目指すことができる。また、幅広い専門的知識や研究遂行能力を活かして、高度な研究開発プロジェクトの企画・管理等を行うことができる。

「高い問題解決能力」

  • 医学・薬学並びに関連する専攻分野の情報・知識を他者と共有しながら指導的に協調・協働し、知識基盤社会を支える新たな知見や価値を創出することができる。

医学薬学府 学位授与の方針(先進予防医学共同専攻)

先進予防医学共同専攻を修了することによって、個人や環境の特性を網羅的に分析・評価し、0次予防から3次予防までを包括して個別化予防を目指す「先進予防医学」を実践することができる。それにより、多様で複雑化する医療現場・社会において生じている様々な課題を、高度な知見と技術をもって、解決に導くことができる。

看護学研究科 学位授与の方針(博士前期課程)

博士前期課程では、学士課程で築いた基礎の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 自ら専門領域における研究課題を見出し、その課題の探究および知識基盤の発展に必要な基礎的研究能力・高度な看護実践能力に基づいて、主体的に行動できる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 保健医療福祉システムの変化や、多様化・国際化した看護活動の必要性をふまえ、看護支援方法の研究・開発や倫理的問題解決の調整を行うことができる。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 専門領域における研究課題を探究するために必要な基礎的研究能力および、幅広い視野から柔軟に思考できる能力を修得する。
  • 新たな価値体系の創造力・指導力に関する基礎的理論や知識を修得し、活用できる。

「高い問題解決能力」

  • 専門領域の看護実践に必要な看護の諸理論、方法に関する知識を修得し、対象者の問題に応じて適切な看護を他者と協調・協働しながら実践できる。

看護学研究科 学位授与の方針(修士課程)

修士課程では、学士課程で築いた基礎の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 看護管理に携わる看護職者として、自ら組織の課題を見出し、課題解決に向けた問題解決能力、実践的に検証する能力に基づいて、主体的に行動できる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 保健医療福祉システムの変化や、医療の高度化、多様化・国際化した看護を俯瞰し、変革的に行動する能力を修得している。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 専門的な知識・技術・技能を活かし、柔軟な思考をもって文献などの情報を活用して、職場の課題解決のために、方策・評価方法を示すことができる。

「高い問題解決能力」

  • 職場の現状を分析して課題を抽出し、妥当な目的・目標を設定し、課題解決に向けた倫理的な配慮を行い所属組織の合意を得て、問題解決にあたることができる。

看護学研究科 学位授与の方針(博士後期課程)

博士後期課程では、修士課程・博士前期課程までで築いた知的基盤の上に、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 自立した研究者として研究倫理を身につけ、看護学の学的基盤の発展に貢献する研究を遂行できる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 学術的視点および国際的視点をふまえ、文化を考慮に入れた看護支援方法の研究・開発を行い、成果を学際的・国際的に発信すると共に、教養を高めて、持続的発展が可能な教育・人材育成に貢献できる。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 看護学にかかわる創造性に富む高度な研究・開発能力と豊かな学識を身につけ、関連分野の研究グループに参加し、組織的な研究活動を推進できる。

「高い問題解決能力」

  • 看護学の専門性に根ざした課題に対し創造性豊かな研究・開発を行い、専門領域の情報・知識を統合し、多様な人々と協調・協働しながら健康社会を支える新たな知見や価値を創出することができる。

看護学研究科 学位授与の方針(5年一貫制博士課程)

共同災害看護学専攻一貫制博士課程では、以下の知識・能力を修得する。

「自由・自立の精神」

  • 災害看護の研究者かつ高度な実践者として研究倫理を身につけ、学際的および国際的な視野で災害看護に求められる課題を見いだし、学術的な探究ならびに多様な人々・組織との連携・協働を通して、災害看護に関するグローバルな問題解決に主体的に参加し行動できる。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

  • 学術的視点および国際的視点をふまえ、社会文化的要素を考慮に入れた看護支援・制度・システムの開発を行い、成果を学際的かつ国際的に発信できる。
  • 地球規模的な視点をもち、持続可能な社会の創生に向けた政策提言につなげることができる。

「専門的な知識・技術・技能」

  • 災害看護にかかわる創造性及び応用性に富む高度な研究・開発能力と豊かな学識を身につけ、学際的および国際的な活動に参加し、組織的な課題解決に向けた取り組みを推進できる。

「高い問題解決能力」

  • 災害看護の専門的な知識・技術・技能と学際的・国際的な方法論を統合して、多様な人々・組織と連携・協働を通して、人間の安全保障の進展に寄与する新たな知見や価値を創出し、災害看護学の構築と発展に貢献することができる。

人文科学及び社会科学の分野において、創造性に富む高度な研究・開発能力と豊かな学識を持ち、新たな知見や価値の創出に貢献でき、イノベーション創出の実践を目指すことができる。また、幅広い専門的知識や研究遂行能力を活かして、高度な研究開発プロジェクトの企画・管理を行うことができる。